残席表

◎ = 余裕あり ◯ = 若干の余裕あり △ = 残り僅か SOLD OUT = 完売

 VIP1Fテーブル席1F一般席2Fテーブル席2F一般席
12/7【夜】SOLD OUTSOLD OUTSOLD OUT
12/8【夜】SOLD OUTSOLD OUT
12/9【夜】SOLD OUTSOLD OUT
12/10【昼】SOLD OUTSOLD OUT
12/11【昼】SOLD OUTSOLD OUT
12/11【夜】SOLD OUTSOLD OUTSOLD OUT
12/12【夜】SOLD OUTSOLD OUTSOLD OUT
12/13【昼】SOLD OUT
12/13【夜】SOLD OUTSOLD OUT

『クリスマス・キャロル』(原題:A Christmas Carol)は、英国の文豪チャールズ・ディケンズの中編小説。1843年12月19日に出版[1]。「クリスマス・ブックス」の第1作。 守銭奴のスクルージがクリスマス・イヴに超常的な体験から、過去・現在・未来の旅をした結果、改心をする。クリスマス・ストーリーの中では最も有名なもので、広範囲な読者を獲得し、ディケンズを世界的に有名な作家としたことでも記念碑的な中編である。 原作は英国で出版され、原文は英語である。出版社はロンドンのチャップマン・アンド・ホール(英語版)で、ハードカバーとペーパーバックの二つの形態で出版され、挿絵画家ジョン・リーチ(英語版)による彩色挿絵入りである。 出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

主人公のスクルージは、IT会社の社長としてブイブイ言わせている。財力も社会的知名度も抜群であり、マスコミには若きカリスマ経営者として持ち上げられ、満ち足りた生活を送っているように思える。しかし実際は相当に心の闇を抱えており、強引に社内の合理化を進め、自分の意にそぐわない社員は直ちに解雇。無駄な出費は一切許さず、社内の冷暖房も必要最低限のものとし、社員の不興をかっていた。

特にクリスマスのせまったこの時期、スクルージは何やらイライラしている様子で、社内でクリスマスを匂わせる出来事があるとたちまち癇癪を起すのであった。クリスマス休暇を申し出た社員たちに悪態を付き、休暇をやるのはあくまでも休日出勤に賃金を払いたくないためであり、クリスマスを祝うためではないと言い張る。実際、彼自身は全くクリスマスを祝う心など持ち合わせていなかった。

わびしいクリスマスシーズンを送るスクルージ。街の募金活動にも見向きもしない。教会の孤児院の前を通りかかる。そこでケイトと再会する。ケイトとスクルージはかつて婚約していたが、スクルージが実業家として成長するとともに拝金主義へ傾いていくことに反発し、別れることになったのだった。互いへの想いを引きずりながらも気持ちがすれ違う二人。一人暮らしの部屋で眠りにつくスクルージ。と、不気味な音楽と共に大天使ミカエルがやって来る。

その姿はかつての共同経営者・マーレイと瓜二つであった。ミカエルは「今後三晩に渡り、自分の部下である天使たちがスクルージのもとを訪れ、彼に三つのクリスマスを見せるだろう」と告げる…。

『クリスマス・キャロル』(原題:A Christmas Carol)は、英国の文豪チャールズ・ディケンズの中編小説。1843年12月19日に出版[1]。「クリスマス・ブックス」の第1作。 守銭奴のスクルージがクリスマス・イヴに超常的な体験から、過去・現在・未来の旅をした結果、改心をする。クリスマス・ストーリーの中では最も有名なもので、広範囲な読者を獲得し、ディケンズを世界的に有名な作家としたことでも記念碑的な中編である。 原作は英国で出版され、原文は英語である。出版社はロンドンのチャップマン・アンド・ホール(英語版)で、ハードカバーとペーパーバックの二つの形態で出版され、挿絵画家ジョン・リーチ(英語版)による彩色挿絵入りである。 出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

主人公のスクルージは、IT会社の社長としてブイブイ言わせている。財力も社会的知名度も抜群であり、マスコミには若きカリスマ経営者として持ち上げられ、満ち足りた生活を送っているように思える。しかし実際は相当に心の闇を抱えており、強引に社内の合理化を進め、自分の意にそぐわない社員は直ちに解雇。無駄な出費は一切許さず、社内の冷暖房も必要最低限のものとし、社員の不興をかっていた。

特にクリスマスのせまったこの時期、スクルージは何やらイライラしている様子で、社内でクリスマスを匂わせる出来事があるとたちまち癇癪を起すのであった。クリスマス休暇を申し出た社員たちに悪態を付き、休暇をやるのはあくまでも休日出勤に賃金を払いたくないためであり、クリスマスを祝うためではないと言い張る。実際、彼自身は全くクリスマスを祝う心など持ち合わせていなかった。

わびしいクリスマスシーズンを送るスクルージ。街の募金活動にも見向きもしない。教会の孤児院の前を通りかかる。そこでケイトと再会する。ケイトとスクルージはかつて婚約していたが、スクルージが実業家として成長するとともに拝金主義へ傾いていくことに反発し、別れることになったのだった。互いへの想いを引きずりながらも気持ちがすれ違う二人。一人暮らしの部屋で眠りにつくスクルージ。と、不気味な音楽と共に大天使ミカエルがやって来る。

その姿はかつての共同経営者・マーレイと瓜二つであった。ミカエルは「今後三晩に渡り、自分の部下である天使たちがスクルージのもとを訪れ、彼に三つのクリスマスを見せるだろう」と告げる…。

2020年公演

2019年公演

2018年公演

2020年公演

2019年公演

2018年公演

主催:一般社団法人ホリエモン祭実行委員会

主催:一般社団法人ホリエモン祭実行委員会